FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



絵本ライブに行ってきたんだけど :: 2012/12/08(Sat)

今年は雪虫を一匹も見ることなく初雪となってしまった。

毎年、雪が降るとひどく憂鬱な気分になったりしたものだが、昨年わが家に除雪機が来たことにより、その憂鬱さが随分と軽減されたような気がする。
つまり、私の中での「冬の憂鬱」は、しんどいしんどいと言いながらも、ちょっとでも雪が降ればせっせと義務的に雪かきをして、またしんどいしんどいと言っていた義父母の存在だったのだ。
昔の田舎の人って、じっとしてはいられないのはわかるんだけどさー。
無理するのが美徳ってのはもう流行らないんだよー。

話は変わって。

絵本と童話の店・おおきな木の店長さんでもある杉山三四郎さんの絵本ライブに行ってきた。

夏に一度この絵本ライブを見てから、ああリョウチャンきっと好きだろうなあと思い、ずっと連れて行ってやりたいと思っていたのでとても楽しみにしていた。
ヨッチャンが仕事のため行けなくなったので、代わりに実父母を誘った(子守りに頼んだ)。

さあ絵本ライブが始まった!と思ったら、リョウチャンの様子がなんだかおかしい。
彼の好きな雰囲気のはずなのに、表情一つ変えようとしない。
あれ?あれれ? も、もしや、た…楽しくないのかしら?? と周りの大人たちが若干オロついているのをよそに、一人テンションの低いリョウチャン。
ライブが1/3ほど終わったところでリョウチャンがぽつんとつぶやいた。

ねえ、絵本まだ? お歌ばっかりなんだけど。

びっくりした。
なんと彼は、さんしろうさんが絵本の物語をメロディーにのせて歌っていることを理解していなかったのだ!!

そして気付いた。
リョウチャンは、歌のメロディーにばかり気がいってしまって、歌詞(ストーリー)が頭の中に入ってこない状態だったのかもしれない。
もしくは、「絵本ライブ」とだけ伝えて、それがどういうものか説明をしていなかったので、「おはなし会」と勘違いしていたのだろう。
(多分、過去に参加した長谷川義文さんの絵本イベントと混同しているのだ)

確かに子供は歌を聴く時、歌詞を味わいながら聴くというよりは、雰囲気で聴いている部分が大きいような気がする。
絵本ライブも、絵本のストーリーと歌を一緒にすることで、その絵本の楽しい雰囲気をより一層楽しくさせるとすれば納得だけれど、お話をじっくり味わう…となるとまた違ってくると思う。

まあ、こういう場所ではあまり深く考えずに、感じるままに楽しむのが一番なのだ。
ただ、リョウチャンの様子があまりにも予想外だったので、とても気になっただけで。
それでも、自分の知っているお話(「いちにちのりもの」とか「みみかきめいじん」とか)の時は、とても嬉しそうだったので安心した。

最後には1階の図書館で仮面ライダーの本が借りたくなってしまい、絵本ライブどころではなくなってしまったリョウチャンと、私の膝の上で眠くて仕方がなかったアオイチャンとで、一体どうなってしまうのかとヒヤヒヤしたが、無事に絵本ライブは終了。
私自身はとても楽しめたし、良い気分転換になったと思う。 また機会があったらぜひ参加したい。


物販で絵本が販売されていたので、強力なスポンサーである実父母に買っていただいた。

いちにちおばけ (PHPにこにこえほん)
いちにちおばけ (PHPにこにこえほん)

わが家で大人気な「いちにち○○シリーズ」の最新刊。
「おもちゃ」や「のりもの」に比べると、この「おばけ」はポジティブ展開だけあって笑う要素が少なめではあるけれど、絵のクオリティが格段に高くなっているので、そういう視点からも楽しめる一冊だ。
最後のオチも、お決まりのごとく…と言った感じで綺麗にまとまっている。(絵本のオチは大事←個人的意見)
ぜひこれからも、シリーズ化が続いて欲しい絵本だと思う。

へんしんおんせん (新しいえほん)
へんしんおんせん (新しいえほん)

「へんしんシリーズ」の最新刊も一緒に買ってもらった。
このシリーズも12作目(?)となり、よくまあネタが尽きないな…と、あきやまただしさんに脱帽してしまう。はなかっぱのテレビ放映もあるのに。
でも、言葉のネタに若干の無理が出てきたような気がしないでもない。(←へんしんシリーズファンだからこそ言えること)
やっぱりなんだかんだ言って、一番最初の「へんしんトンネル」がシンプルで個人的には一番好きかもしれない。


寝る前に三人で「今日の絵本ライブは楽しかったねー」という話題になった時に、リョウチャンが言った。

「あのね。ぼく、本当はかかのお隣で絵本ライブ見たかったんだよ。ちょっと寂しかったの。」

…やっぱりそうだったんだ。
ライブ中、なんとなくそんな感じだったので「こっちへおいで」と何度か声を掛けたんだけど、実父母にべったりだったからそのままにしておいたのだ。

それでも、彼は彼なりにいろいろ思うことがあり、我慢をしていたのだろう。
そして、私もいろいろ思うことがあり、遠慮していた部分もあった。

とにかく、申し訳ないことをしたなぁと思い「今度絵本ライブがあった時は、お隣で一緒に見ようね」と約束した。


家族でもいろんな時があって、お互いに遠慮しあったり思いがすれ違ったりすることはあるよね。
いや、家族だからこそ、こういうことがあるのかもしれないな。


<今日の嬉しかったこと発表会>

リョウ : ぜんぶ

アオイ : みんなで絵本が読めたこと(多分絵本ライブのこと)

私 : 絵本ライブと、お昼から三人でおうちごっこをしたこと
スポンサーサイト





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<雪が降った | top | ナチュいぜ!おかんアート>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/360-996c324d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)