FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



ママ友というもの :: 2013/01/18(Fri)

 最近、アオイチャンは自分のことを「キャサリン」と言い、私のことを「プリンセス」と呼ぶ。名前の由来はWiiのマリオパーティーだ。この呼び名は一体いつまで続くのだろう。でも、このくらいの時期の子供とのなりきりごっこは可愛くて楽しいので好きだ。
 一方リョウチャンは、AKBのまゆゆが好きすぎて大変なことになっている。今日もドコモのCMで、すかさずまゆゆを発見してデレついていた。彼が将来結婚するのは、幼稚園で仲良しの女の子でもなく、私でもなく、まゆゆなのだ。この面食いが将来どういう方向へ転がってゆくのかが親として実に興味深いところである。

 昨日、図書館へ行った時に久しぶりに仲の良いお母さんと出会い、軽くお互いの近況を報告し合ったり世間話をしたりした。その後、図書館から出たところで育児サークル帰りの知らないお母さん達がわらわらわらー!と出てきたのに遭遇して少し緊張した。
 毎日ブログを書くことで、自分の思っていることをみんなに話している気分ではいたけれども、それはあくまでもネットの中だけである。慌ただしい年末年始を挟んでいたこともあり、最近はめっきり世間と絡むことを怠っていたことに気付いた。このままだと親子共にコミュ障になってしまう。やばい。と思っていたところで、今朝仲良しのお母さんからいきなりランチのお誘いメールがあった。なんというタイミング、早速オーケーして出掛けてきた。

 お母さんたちとの会話は本当にとりとめのない内容ではあったけれど、こういう時間もたまにはいいなと思った。アオイチャンも、同年代のお友達と久しぶりに遊べてとても嬉しそうだった。(やっぱり上に兄がいる影響からか、他の子に比べて言動がどことなく大人びていたような気がする。)
 最近は児童館へ出掛けてもおしゃべりに夢中で子供を放置する親が多いような気がするし、なんだかトラブルも多いこともあって(それをまた見て見ぬふりをする親がいたりして!)、子供がたくさんいる場へ出掛ける機会もめっきり減ってしまった。アオイチャンのことを思ったら積極的に出掛けたいところなんだけど、彼女自身も2歳でまだお友達と関わる上で難しい部分もいっぱいあるのも事実だ。児童館へ行くのも、春まで控えようかなと思っている。
 そして、お母さん同士の繋がりを新しく広げようとは思わなくなった分、今繋がっているお母さん達との関係は大事にしたいと思うようになった。今、仲良くしているほとんどのお母さんとは、数年後同じ小学校に子供を通わせることになる。生徒数が少ない小さな学校ではあるけれど、入学前から親子共に知っている関係が多いのはやはり安心するものだ。

 子供が成長するにつれ、私自身の価値観も少しずつ変わってきたことを実感した一日。
 子供も、私も、日々進化するのだ。
スポンサーサイト





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<子供は親のことをよく見ている | top | 絵本とか深呼吸とか>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/401-22b188e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)