FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



男子育児の楽しいところ :: 2013/04/12(Fri)

出先でツイッターの春樹TLを眺めている時に、FMから「 肉・2×9 Rock'n roll」がガチで流れてきて、意識がいっぺんにそっちに向いてしまった。ていうか、「キン肉・肉・肉 2×9=18 ♪」の歌(キン肉マンED曲)が、「肉・2×9 Rock'n roll」というタイトルだったことに驚きを隠せなかった。

世間が村上春樹の新刊で湧いている中、今日の私が得た知識はこの二つ。

○ 妖怪おとろしと妖怪おどろおどろは同じものである
○ オビラプトルは別に臭いオナラをして敵から身を守っていたわけではなく、見た目が鳥類に極めて近い恐竜であり、アンキロサウルスは確かに尻尾がハンマーのようになっていて敵を攻撃していた →キョウリュウジャーは恐竜に関する間違った解釈を植え付けかねないので注意が必要

村上春樹は出産してからこの5年間、ほとんど読んでいない。(映画「ノルウェイの森」を観る上で、内容を思い出すべく著書をざっくり流し読みをした程度)
子供が大きくなって、自分の時間が嫌というほど持てるようになったら、また一作目の「風の歌を聴け」から順番に読み進めていって、その流れで「1Q84」や今回の新刊を読みたい。読書って別にブームに乗るものではないし、読みたい時に読めばいいと思っている。

それくらい今の私の頭の中は、子供のことでいっぱいなのだ。日々のブログも、完全なる育児脳から出る言葉である。確かに子育ては大変なこともあるけれど(一昨日の闇ブログ参照)「自分らしさ」なんてなくたって、十分に日常を楽しめるということをわが子は教えてくれた。

特に男子を育てていると、男子特有のオタク気質に自分も参加できるので非常に楽しい。
女子に比べて男子は心身ともに疲労させられることが多いが、リョウチャンがいてくれたおかげで、私はウルトラ怪獣と、魚と、妖怪と、ブロック製作の魅力を知ることができた。世界はぐんと広がった。是非これからもいろんなことを私に教えてほしいと思う。

今日図書館で借りてきたこの本(約半年ぶり3度目)を改めて読むと面白い。相当気持ち悪いけど、とても読み応えのある内容だと思う。同シリーズの魚版もかなり面白いのでオススメだ。

ブーン!オ・ド・ロ・キ虫百科 (A DORLING KINDERSLEY BOOK)ブーン!オ・ド・ロ・キ虫百科 (A DORLING KINDERSLEY BOOK)
(2009/04)
養老 孟司

商品詳細を見る

少し知恵がついてきて気持ち悪がるリョウチャンをよそに、私のほうが熱心になりすぎてしまった。
可愛いビジュアルでモチーフにもよく使われるてんとう虫の幼虫の姿など、ゆるふわナチュラルママさん達は絶対に知らないだろうな。ヒヒヒ

最近頻繁に3DSの「トモダチコレクション・新生活」のCMを目にするので、元祖トモダチコレクションを再開させたいなーとぼんやり考えてしまうのだが、非リアでも現実に近いような日常および人間関係をプレイしたところで何になるのだ!?と自分自身に言い聞かせている。

「とび森」発売の際も、似たようなこと考えていたっけ。
スポンサーサイト





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<公園にて | top | こんにちは赤ちゃん>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/484-acca740b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)