FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
初めての家庭訪問、初めての友達の家 :: 2014/05/01(Thu)

人生初の家庭訪問。
緊張しつつも、私が先生に伝えておきたかったことは三つ。

学校生活がとても楽しいようで、宿題や翌日の準備に関しても意欲的であることにひとまず安心していること。

気がかりなのは、息子が早く漢字や足し算引き算の勉強がしたくて、今の授業=今後の勉強を進める上での一番の土台となる部分(文字の読み書き、数の数え方など)に対してあまり面白味を感じていないということ。
息子自身、勉強に対して意欲的ではあるが、親としてはもう少し運筆、字を書くときの姿勢、ハサミの使い方などの基礎をしっかりと自分のものにして欲しい。

休み時間の友達との付き合い方について。
男の子なので友達と戦いごっこをしたり、ふざけあうことが多いのは当然だと思うが、相手の男の子が好意的に接しているつもりであっても、息子にとって追いかけっこや戦いごっこが時として怖かったり迷惑だったりする場合もあるらしいということ。きちんと自分の気持ちを伝えられる人になって欲しいこと、困ったことがあれば先生に相談することを息子には伝え、日々様子を見守っている。

先生もお忙しいだろうから、持ち時間の15分をフルに活用すべく用件だけを手短に…と意気込んでいたのだが、前の訪問先で既に時間が押していたのと自宅の場所がわからず迷っていたのとで15分遅れての開始、先生は終始落ち着かない雰囲気で(いやもともと大雑把な方で、こちらの言うことに対して細かく反応しない人なのかもしれない)なんだか私だけ会話が空回りしているような感じで家庭訪問は早々と終わってしまった。
うん…まあ、最初だから仕方ないよね。先生も今のクラスを受け持ってまだ1ヶ月。全ての生徒を把握しているわけではないのだ。
とりあえず伝えたいことだけ伝えたら「今日はありがとうございました。自宅がわかりにくい場所にあってすみません。今後共よろしくお願いします。」としつこいくらいに頭をペコペコ下げて、そそくさと帰る先生を見送った。はー…(疲労)

仕方のないことだけど、初めてだらけの小学校生活に対して一番肩に力が入っているのは私なのだ。


午前授業で帰ってきた息子は、昼ご飯を食べてから友達の家へ遊びに行った。…と言っても、自転車や徒歩で行ける範囲に同級生がいないので私が車で送り迎えをしたわけで。

バスの関係で帰宅が遅い上に家が離れていることもあり、今まで気軽に遊びに行ける友達がいなかった息子にとって、今日初めて「親の同伴なしで友達と遊ぶ」ということを経験した。
行く前に、友達の家で遊ぶ際のマナーをしっかりと伝えて送り出したのだけど、友達と楽しく遊んで、きちんと礼儀正しくできたようだ。お邪魔した友達のお母さんも気心の知れた大らかな人なので、息子が遊びに来ることを快く迎えてくれたのもとても嬉しかった。こうやって、子供同士・親同士のつながりを深めていくのだろうなきっと。

普段は帰宅時間が16時近いので、少し休憩してから早めにお風呂と夕飯を済ませて宿題をする…という生活サイクルが出来上がりつつあるので、学校が終わってから友達と遊ぶことは今は少し難しかったりするけれど、下校時刻の早い日は積極的に友達との関わりを持たせてあげたいと思う。

こうして日々いろんな経験を通して、親子で学校生活に慣れつつある。
多少の気苦労もあるけれど、今のところ順調なので本当にありがたい。


スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<心の余白 | top | HOME>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/765-8d485974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。