FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
心の余白 :: 2014/05/06(Tue)

今年の連休

黒子のバスケ27巻を読んだ
実家へ遊びに行ってのんびりした
田植えの日に親戚がどっと押し寄せて祭りのような慌ただしさを味わった
ハイキュー!!バボカ(=バレーボールカードの略)に思いを馳せた

4、5日と田植えをしてくれてとても疲れているはずなのに、旦那さんが「せっかくの連休にどこへも行かないのは子供達も可愛そうだからどこかへ遊びに行こう!(それに家にいるほうが発散できない子供の相手で余計に疲れるし…)」と言ってくれたので、連休最終日の今日、家族四人で久しぶりにアクア・トトぎふへ出掛けた。

アクア・トト館内は非常に空いていて動き回りやすかったのだけど、天気ということもあり、外の公園(河川環境楽園)がものすごく混雑していて親子共に一気に疲れてしまった。それでも連休らしさは存分に満喫できたし、子供らも楽しそうだったので出掛けて良かったと思う。良い連休の締めくくりになった。今日の外出を提案してくれた旦那さんに心から感謝したい。

本当はずっと7月に開催されるOur favorite thingsに行きたくて仕方が無かったのだけど、今日の混雑具合と子供らの様子を見て行くのを諦めようかな、と思った。

確かに水族館が隣接されているので子供も連れて行きやすいけれど、水族館だけで十分な時間が潰せるとは考え難いし(年パスで何度も通っているから目新しさがないのだよ)、暑い時期に外で長時間子供と過ごすことは容易ではない。炎天下の中、会場から遠く離れた駐車場まで往復することだってきっと大変だと思う。
子供が大きくなって手がかからなくなったとはいえ、野外イベントに連れ出すにはやっぱりまだ早いなぁと、今日の混雑に対する子供らの様子を見て実感した。

そもそも、週末は5時前にお風呂に入っているような家族に午後からの野外イベントは結構な冒険なのだ。やっぱりまだ子供も小さいし早い時間に家に帰っていたいよねーと旦那さんと話しながら、今日も4時に帰宅し、7時には布団で子供らに絵本を読んであげた。

会いたい人はたくさんいるし、素敵な音楽を体いっぱいに吸収して心を充実させたい。

確かにそんな思いもあるけれど、強行突破的にイベントに参加したものの、子供に振り回されて疲れてしまっては本末転倒である。世の中には自分の趣味に子供を上手に巻き込める人もいるけれど、出産してから今まで常に子供優先で生活してきた私にそんな器用なことは到底できるわけもなく、家族に気を遣いながら自分の好きなことをするくらいなら、いっそのこと諦めてしまったほうが気楽だと感じるのだ。遅かれ早かれ、子供はいつか自分のもとを離れて自立する。それから自分の好きなことを始めたってちっとも遅くないのだ。

私の場合、気持ちの安定は「心の充実」から生まれるというより「心の余白」から生まれるのだと思う。

「趣味を大事にする親の姿」をわざわざ子供に見せなくたって、いつか子供は勝手に自分の楽しみを見つけるだろう。だから、子供らが自分に依存している間は子供が楽しいと思うことを一緒に楽しむ親であってもいいのだ。思えば自分の両親がそうだった。いつも私たちの好きなことに関心を抱いてくれたし、一緒になって楽しんでくれた。私は子供なりにそんな両親の姿が嬉しかったと思う。
ネットを通じて子育てしながらも自分の趣味や仕事を大切にしている人を見かけるたび、子供に合わせてばかりの自分に若干コンプレックスを抱いていたりもしたけれど、子供中心な生活を送っている自分にもう少し胸を張っていてもいいのかなと思った。

今は一人でいられる時間が十分にあるので、気持ちに余裕ができ、とても前向きな考え方でいられる。
今後、仕事を始めた時にもこの状態が維持できるよう、今はゆっくり休んでじっくり自分と向き合いたいと思う。

さあ、明日からは通常運転だ。
とりあえず、家の中と自分自身をリセットしたい。

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<黙って見守る忍耐 | top | 初めての家庭訪問、初めての友達の家>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/766-ba96ba25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。