FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
黙って見守る忍耐 :: 2014/05/10(Sat)

賑やかだった連休が終わった。

この一週間は、部屋の掃除をしたり、ブログ更新をして気持ちを整えたり、編み物をしたり。
自分のやりたいことを自分のペースでゆっくりと消化しながら一日一日を過ごした。
娘は初めての遠足があって、とても楽しい思い出ができたみたい。
息子も毎日元気に学校へ行った。

しかし、新年度と連休の疲れ、そして朝晩の寒暖差によって子供らの体調が思わしくない。
用心して薬を飲ませた影響で体がだるいせいか、週末は二人共あまり機嫌がよくなかった。

お昼に娘がいきなり激しく泣いた。理由はわからない。
眠かったのだろうけど、まるで身体の中に蓄積された一週間分のストレスを発散するかのような泣きかただったので、何も言わずに娘を抱いて気の済むまで泣かせてやった。

子供と向き合わなければいけない時間は突然訪れる。(ああ、お昼のラーメンが…)

親というのは子供が泣いたりぐずったりすると、すぐにその原因を探ったり解決しようと手を尽くしてしまいがちだけど、子供の様子次第では黙って見守る(そっとしておいてやる)ほうが良い場合もあるだろうし、子供が成長するにつれてその「見守り」こそがカギとなるのだろうなあと、泣きわめく娘をそばで見守りながらぼんやりと思った。

とはいえ、子供がギャンギャン泣くのはやはり不快だし面倒なので、できることなら一刻も早く泣き止ませたい。
まあ、私にも特に理由がなくても何となく泣きたいときがあるので、急に泣きたくなった娘の気持ちもよくわかる。私は、修行僧のような無の表情で、ただただ嵐が過ぎ去るのを待ち続けた。
その後、30分間ひたすら泣き続けて気の済んだ娘は、すぐにケロリと元に戻って昼のラーメンの汁をご飯にぶっかけて食べていた。

「急がば回れ」とはよく言ったものだなあ。(のびたラーメンをすすりながら)


スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<母の日の本音 | top | 心の余白>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/767-d8fccf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。