FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



会話すること、学ぶこと :: 2014/05/16(Fri)

夕飯が終わって外に目をやったら、田んぼに野生の鴨が2羽いることに気付いた。
もちろん子供らは大喜び。鴨の行動に興味津々といった様子だった。

「鴨は田んぼで何をしていると思う?」

私は子供ら(主に息子)に質問を投げかけた。子供らは少し考えた後に「餌を探している」と答えた。
じゃあ鴨は何を餌にしているんだろうね、会話はどんどん広がってゆく。子供ならではの面白い発想を引き出すために、自分の考えを競うようにして一生懸命話している子供らの言葉ひとつひとつに相槌を打ち、反芻し、また次の質問をする。この作業が私はとても大好きだ。
こういう会話をしていると、とにかく子供らが間髪入れずに意見をぶつけてくるので、時々会話の交通渋滞が起こるけれど、それを慌ただしく整理しながら話を聞くのも楽しい。(しかし、とても疲れる作業ではある)
本当はそこから合鴨農法の話に繋げたかったのだけど、百姓のプロフェッショナルでもある義父母を前にして、きちんとした知識を持ち合わせていない私は話すことを遠慮してしまった。そんな自分を少し残念に思った。

せっかく好奇心の塊である子供と一緒にいるのだから、私ももっともっといろんなことを知りたいなあと常々思っている。
親が「わからない」ということは全然恥ずかしいことではないし、むしろそれによって家族みんなで学ぶ良い機会になれたらいい。
ただ、気持ちがホットなうちに親子で調べ学習をするには、家庭にある資料だけではやはり限界がある。そう思うと、知りたいワードを打ち込んで検索すれば関連文書がすぐに出てくるインターネットは本当に便利だなぁと感じるし、一方でその便利さに頼りすぎるのもどうかなぁとモヤモヤモタモタしているうちに、私は日々子供と一緒にいろんな知識を得る機会を失っているような気がして、なんだかもう少し要領よくやれたらいいなぁって日々痛感している。

子供の考える力、考えを的確な言葉で表現できる力を育てたい云々といった親のエゴは置いておいて、まずは身近な疑問に対して調べること、学ぶことを率先して楽しみたいと思う。そういう姿を見て、子供が何かを感じたらラッキーだ。

スポンサーサイト





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<結婚指輪 | top | 痛クッキー作り中毒>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/773-d75e6169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)