FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
7年後 :: 2014/06/05(Thu)

出産前、一緒に仕事をしていたSさんとスーパーで偶然出会った。

息子を妊娠する7年前、小学1年生だったSさんの息子さんは現在中学2年生。あれだけお母さんのことが大好きで優しそうだった男の子が、現在反抗期真っ最中だというから驚きだ。

「でもね、きちんと反抗期を迎えているってことは、それまでの子育てが成功してる証拠なんだって。」
Sさんはそう言った。

確かに思春期の子供が内に抱えている衝動を正しい形で発散できるのは、親子の信頼関係があってこそなのだろうけど、それでもやっぱりわが子の言葉が乱暴になったり、塞ぎ込んで家の中の空気が重く沈黙することを考えるとひどく憂鬱になる。
今でも、子供らの様々な要求をひとつひとつ叶えてやることに日々くたびれてうんざりしているのだけど、7年後に親子の気持ちがすれ違って関係性がぎこちなくなるのも結構面倒くさいなぁとぼんやり考えた。子供がきちんと成人して自立するまでを見届けるためには、多くの時間と手間と精神力が必要なのだ。そう頭では理解し、覚悟はしているつもりなのだけど、やはり先の見えない未来には漠然とした不安を感じる。

とは言え、悲観的になっていても仕方がないので、いざ反抗期を迎えた際になるべくお互いがフラットな気持ちでいられるように、親子共に「逃げ道」を作っておく必要があるような気がした。
そして、懐いてくれている今のうちにいっぱい抱きしめてスキンシップをとっておきたい。今でも十分すぎるくらい日々ベタベタされて若干お腹いっぱいだけど、子供らが「もういいや」って自ら離れるまではきちんと応えてやりたいと思う。


ところで、Sさんの息子さんは現在バレー部で日々練習に打ち込んでいるとか。身長は160センチ。
瞬時に私の二次元スイッチがバチーン!と入ったが、いくらSさんと親しい間柄とはいえ「えっ…もしかして、リベロやってるの?!(ノヤさん枠!!)」とは言えなかった。

7年後も、今と変わることなく私にとっての「逃げ道」が2次元だったらウケる。
しかも、そんな私に快く付き合ってくれそうな友人がネットには何人もいるから心強い。

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<サボリの言い訳 | top | 辞書引き学習>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/776-971163ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。