FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
子供らの近況 :: 2014/06/10(Tue)

備忘録的に。

娘は相変わらず幼稚園であった出来事をよく話してくれる。
今日はどんな絵を描いたとか、お友達とどんな遊びをしたとか。
園で歌った歌は家でもよく歌ってくれる。
そして、仲良しのお友達の名前が固定されているあたり、女の子だなぁと感じる。

息子が年少の時は、特定の誰かと遊んだという話はほとんど聞かなかったし、それよりも「どうしたら楽しく幼稚園に行けるか」ということばかりを息子と一緒に考え、励ましていたことのほうが圧倒的に多かった。そんな前例があるので、毎日機嫌よく登園し帰宅する娘の様子を見ていると、本来喜ぶべきところなのに「そそそそれでいいのか?本当にだだだ大丈夫なのか??」と必要以上に心配をしてしまう。
たまに先生から、園の活動の中で涙が出たり癇癪を起こしてしまったという話もちらっと聞いたりするのに、娘の口からはそういったネガティブな内容をほとんど聞かず、かと言って嘘をついたり無理をしている様子も感じられない。きっと家と同様に嫌なことがあってもバチン!バチン!とスイッチを切り替えて、ぐわーっと感情を一気に出しては急に落ち着いて、何事もなかったかのように振舞っているのだろう。(そして、その感情の波に振り回されて最後置いてきぼりを食らう周囲の人間…)
自分の感情をストレートに表現できることは子供らしさとイコールではあるけれど、その時の状況に合わせて自分の感情を自制できる力も大切なので、園での活動やお友達との関わりの中で娘も少しずつ成長して欲しいと思う。

今日、娘が園バスから降りる際に、新任で年少クラスの補助に入ってくださっている先生が「今日は苦手なヨーグルトを全部食べることができて、お友達や先生と一緒に喜んだんですよ!」と、とても嬉しそうにお話してくださった。
入園当初は毎日の給食の献立に一喜一憂していた娘も、日々周りから良い刺激をいっぱい受けて自ら成長しようとしている。そして、そんな娘の姿をきちんと先生方が見守ってくださっていることを実感し、私はとても嬉しくなった。

息子の時に比べて(言い方があまり良くないけれど)苦労や悩みや失敗がない分、もしかすると娘の変化(=成長)を実感する機会は少ないのかもしれない。そんなことをぼんやり危惧しながらも、今の状況に甘んじることなく、これからもきちんと娘と向き合って対話をしたいと思う。今は良くてもつまづく時は必ず来るだろうし、その時に親としてどっしりと構えていられるようにしたい。


息子も、相変わらず楽しく学校へ行っている様子。
彼の「いってきます!」「ただいま!」の響きが毎日本当に心地良くて嬉しくなる。
そして、以前ならすぐにへこたれて拗ねていた息子にも、自分の中で解決し、納得しようとする力が少しずつついてきたような気がする。とはいえ、鉄棒や自転車など、彼にはまだまだ「頑張り」が必要な場面がたくさんあるので、これからも叱咤激励しつついろんなことに挑戦させてやりたいと思う。
(余談だけど、「子供にプレッシャーをかけすぎない教育論」があまりにも世間に出すぎると、今度はいざという時に頑張れない子供が出来上がってしまうような気がするので、世の中に飛び交う情報をあまり鵜呑みにはしたくないなぁと常々感じている。)

一方で、6月になってから息子の宿題に対する新鮮さと意欲が低下してきたような気がする。
宿題をする際の集中力に欠け、プラスアルファの勉強として続けてきた辞書引き学習も、ほんのり面倒くさがるようになった。子供なので継続する力がなく、熱しやすく冷めやすいのは当然だと頭で理解しつつも、やっぱり親としてなんとなく悲しい。うん、宿題って嫌だよね…わかるよ…。
そんなタイミングで、息子が外部の何者かに触発されて「やっぱり宿題は早めに済ませたほうがいい」と突然言い出したので、今日から帰宅後すぐに宿題をするように決めさせた。私は、息子の勉強時間になるべく口出しはしたくないと思いつつ、息子には「毎日決められた時間にやることの大切さ」はしつこいくらいに言い聞かせた。毎日決められた時間に行うことこそが「習慣」だと思う。

なので、今まで「帰宅直後は気持ちをリセットして休憩する時間が必要」という息子の意思を尊重した上でやらせていた「17時お風呂→18時夕食→19時宿題→20時就寝」だった流れを、試験的に「15時半宿題→17時お風呂→18時夕食→20時就寝」に変えてみた。当然、後者のほうが夜の時間に余裕ができるし、娘の帰宅前に宿題をやることで静かな環境で集中して勉強に取り組めるというメリットがある。息子もそのことに自ら気付いたようだ。
とりあえずしばらくはこの流れで様子を見て、またマンネリ化するようなことがあったら、その時に息子と一緒にどうすればいいかを考えたいと思う。
まぁ、こうして子供の意見を尊重しつつじっくり取り組めるのも、私が無職で時間に融通が利くからなのだけど、第一子だからこそきちっとルールを決めて定着させないと後がしんどいと思うので(下の子は自然と上の子のやることを真似して習慣化していくし)、時間をかけて付き合うつもりでいる。

だから「まだ仕事しないの?」なんていう輩がいたら、「うるせー!」って心の中で言い返してやるんだ!
初めての小学校夏休みを終えるまでは、申し訳ないけれどこのままの生活を続けたいと思うし、私は専業主婦であることに負い目は感じていないつもり。
(二次元に傾向しながらも←)子育てに人事を尽くしているだけのことなのだよ。

幸い私の周りには、そういう無神経なことを本人目の前にして口にする人はいないのでありがたい。私のいないところでは何を話しているかわからないけれど、そんなこといちいち気にしていたら田舎で暮らしていけないぜ ウェ~イ!!

スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ついに虫歯が! | top | サボリの言い訳>>


comment

イエス!!
ほえぇぇ。うちの子の未来を垣間見ているような感覚になりました(´゚д゚`)

日々日々成長の中で新しい出来事が起きているんだなぁ!しかも、やっぱり一人目と二人目と全く違う個性があるんですね。同じお腹の中同じ環境の中で育っているのに、不思議!

息子くんの、タイムスケジュールが成功しますように!娘ちゃんの幼稚園生活が楽しいものでありますように(*´▽`*)
また、これからの記事待ってます♪イエス!!
  1. 2014/06/15(Sun) 17:40:37 |
  2. URL |
  3. syouyu #-
  4. [ 編集 ]

>syouyuさん

うわあああ!コメントありがとう大好きイエス!!
いつも覗きに来てくれて嬉しいです。
忙しいわけじゃないけれど・・・やっぱり子供が小さかった頃よりも日々の変化が緩やかになってきて、単調な毎日になりがちだからブログの更新も停滞してしまうのかなぁって思ったり。

兄妹の個性、面白いです。
多分、同性でも違うんだろうなって思います。親としては同じように育てているつもりなのに!やっぱり気持ちのゆとりに違いがあるのかな・・・子供への接し方にそういうのが滲み出るのかな・・・なんて思います。

私もまたブログ遊びに行かせてくださいね。
アニメピンポン、最初から最後まで素晴らしかったね!イエス!!

  1. 2014/06/20(Fri) 12:50:27 |
  2. URL |
  3. rica #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/778-356766b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。