FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
子供のこと :: 2015/10/19(Mon)

一昨日、妹が出産した。妹はお母さんになった。

3600グラムで生まれた妹の子供を抱かせてもらったら、小さくて、頼りなくて、それでもちゃんと生きている…そんな久しぶりの感覚になんだかドキドキした。
入院して一時間足らずで出産という超安産だった妹は、面会の時も比較的元気そうだった。
ただ、私達家族が病室を出た途端、赤ちゃんの激しい泣き声が聞こえたので、きっと彼なりに大勢の来客に緊張していたのかもしれない。昨夜は母子共にゆっくり休めただろうか。そんな感覚さえも遠い昔のことのように思えて懐かしかったし、これから始まる妹の子育てに思いを馳せた。
大変なこともあるだろうけど、子供を通じて得る経験はきっと彼女を精神的に逞しくするだろう。

がんばれ。
無理しないで、とも思うけど頑張れ。
母親として頑張らなきゃいけないときは必ずあるからな。
子育てのちょこっと先輩として、妹の気持ちに時々寄り添うことができたらなと思う。


さて、私自身の子育ては…というと、最近はびっくりするくらい適当にやっている。腹を立てることもほとんどなく、毎日が楽しい。
もちろんサポートが必要なことは度々あるけれど、自立する心が育ってきたことで、私の精神的な負担はぐっと減ったのだ。お互いの気持ちをきちんと伝え合って会話することが、こんなにも子育てを楽にするなんて。私がコツコツと築いてきた子供との信頼関係が今ようやく芽を出してきたという実感がある。
そして、毎日ポケモンの話をしたり、子供らが抱く素朴な疑問…歴史や宇宙や生物のことを私のわかる範囲で教えたりする時間がとても愛おしい。一緒に遊ぶというよりも、会話をすることで親子の絆が深まっているような感じだ。

彼らには特別に秀でたものがあるわけではないけれど、二人とも怪我や大きな病気をすることもなく、ちゃんと素直でまっすぐな子供に育っている。今はそれだけで十分だ。何か問題があれば、またその時に立ち止まって考えればいい。

こんなふうに、子供が成長したことで、親子の間に適度な距離感ができたことがとても嬉しい。
もちろん、子供の成長の節目節目に心がぎゅっと切なくなるような感覚はあったけれど、私はいつも子育てに関しては今よりも少し先の未来のことを考えていたいと常に思っていたから、あまり寂しさを感じることなくやってこれたんだと思う。

子供は子供、私は私。

そうやって子育てしてきたつもりだし、これからもそうするつもりだ。


スポンサーサイト


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ブログを続けること | top | ひとまず最近のことを>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/823-20505a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。