FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



サンタクロースからの手紙 :: 2015/12/27(Sun)

旦那さんの話によると、どうやら息子はサンタクロースの正体に気付いたらしい。確かに昨年に比べて明らかにクリスマスに対するテンションが違う。
小学生になれば、周りから色々な情報が入ってくるのは仕方のないことだ。息子なりに色々考えて出した結論なのだろう。

きっとそれでいいんだと思う。
息子はサンタクロースの存在がどういうものであるか、そして自分がどう振る舞うべきかをちゃんと理解していた。 私達が何も言わなくても、サンタクロースの存在を信じている娘の前では、一緒になってサンタクロースを待ちわびたり、プレゼントを喜んだりしてくれたのだ。その様子に私は少し驚いたが、それが彼の成長なのだろう。

私はクリスマスのワクワクした雰囲気は大好きだけど、サンタクロースからのプレゼントを引き合いに出して、子供を「いい子」にさせる=親の言うことを聞かせるやり方が苦手なので(ここだけの話、鬼からの電話とやり口が同じだと考えている)、毎年サンタクロースの話題を自分から上手に持ち出すことができず、子供らの楽しみな気持ちにだけ同調しながらクリスマス当日を迎える。
だから、今回の息子の心境の変化に少し肩の荷が降りたというか、ほっとした部分があった。子供らの楽しみのためとはいえ、もともと誤魔化したり芝居をすることに心苦しさを感じるタイプなのだ。

ただ、去年私が用意したサンタクロースからの手紙に、子供らはとても感動していた様子だったので、今年も手紙は書いた。

* * *

メリークリスマス!

今年は雪がなかなか降らないのう。わしが住んでいる村も、普段より雪が少なくて驚いておる。しかし、わしが乗っているそりは空を飛ぶことができるから雪が積もっていなくても大丈夫。地面からほんの少しだけ浮いて、滑るようにして移動することができるのじゃ。だから、問題なく世界中の子供たちにプレゼントを配ることができるのじゃよ。もちろん君たちの家にもね。

今年も君たちのお母さんから手紙をもらったよ。君たちは時々けんかをすることもあるようじゃが、とても仲が良くていつも一緒に遊んでいると書いてあった。君たちが毎日笑顔で過ごしている様子を想像して、わしはとっても嬉しくなったよ。
楽しいことがあったら、わしにいつでも知らせておくれ。幸せな気持ちは、誰かと一緒に分け合うことで、自分も相手ももっと笑顔になれるのじゃよ。

今、空にはたくさんの星がピカピカと輝いておる。
君たちならどんな願い事をするのかな。

これからも嬉しいことがたくさんありますように。

サンタクロースより


* * *

クリスマスの朝、子供らはひらがなで書かれたサンタクロースからの手紙をゆっくり声に出して読み上げていた。その時の穏やかな表情が忘れられない。

子供が大きくなるにつれ、現実のプレゼントとサンタクロースの存在を結びつけることが難しくなってきても、サンタクロースついてのワクワクするような楽しいイメージを持ち続けることはできると思うので、手紙は来年も用意しようと考えている。そして、娘が小学生になった数年後、また改めてクリスマスの過ごし方を見直したい。

こうやって少しずつ親子の関わりかたにも変化が出てくるのだなあとしみじみ実感したけれど、それに対して悲観することなく、これから親としてできることをその都度考えていけたらいいな。

そんな2015年のメリークリスマス。









スポンサーサイト





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<2015年を振り返って | top | 趣味ブログ、始めました。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rica4413.blog.fc2.com/tb.php/826-c50d1b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)