FC2ブログ

ハハハ日記

目標は毎日更新!



子供のこと :: 2015/10/19(Mon)

一昨日、妹が出産した。妹はお母さんになった。

3600グラムで生まれた妹の子供を抱かせてもらったら、小さくて、頼りなくて、それでもちゃんと生きている…そんな久しぶりの感覚になんだかドキドキした。
入院して一時間足らずで出産という超安産だった妹は、面会の時も比較的元気そうだった。
ただ、私達家族が病室を出た途端、赤ちゃんの激しい泣き声が聞こえたので、きっと彼なりに大勢の来客に緊張していたのかもしれない。昨夜は母子共にゆっくり休めただろうか。そんな感覚さえも遠い昔のことのように思えて懐かしかったし、これから始まる妹の子育てに思いを馳せた。
大変なこともあるだろうけど、子供を通じて得る経験はきっと彼女を精神的に逞しくするだろう。

がんばれ。
無理しないで、とも思うけど頑張れ。
母親として頑張らなきゃいけないときは必ずあるからな。
子育てのちょこっと先輩として、妹の気持ちに時々寄り添うことができたらなと思う。


さて、私自身の子育ては…というと、最近はびっくりするくらい適当にやっている。腹を立てることもほとんどなく、毎日が楽しい。
もちろんサポートが必要なことは度々あるけれど、自立する心が育ってきたことで、私の精神的な負担はぐっと減ったのだ。お互いの気持ちをきちんと伝え合って会話することが、こんなにも子育てを楽にするなんて。私がコツコツと築いてきた子供との信頼関係が今ようやく芽を出してきたという実感がある。
そして、毎日ポケモンの話をしたり、子供らが抱く素朴な疑問…歴史や宇宙や生物のことを私のわかる範囲で教えたりする時間がとても愛おしい。一緒に遊ぶというよりも、会話をすることで親子の絆が深まっているような感じだ。

彼らには特別に秀でたものがあるわけではないけれど、二人とも怪我や大きな病気をすることもなく、ちゃんと素直でまっすぐな子供に育っている。今はそれだけで十分だ。何か問題があれば、またその時に立ち止まって考えればいい。

こんなふうに、子供が成長したことで、親子の間に適度な距離感ができたことがとても嬉しい。
もちろん、子供の成長の節目節目に心がぎゅっと切なくなるような感覚はあったけれど、私はいつも子育てに関しては今よりも少し先の未来のことを考えていたいと常に思っていたから、あまり寂しさを感じることなくやってこれたんだと思う。

子供は子供、私は私。

そうやって子育てしてきたつもりだし、これからもそうするつもりだ。




  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ひとまず最近のことを :: 2015/10/09(Fri)

正直、もうこのブログは去年で一区切りして終わってしまうのだと思ってた。

でも、先日ちょっとしたラブレターをいただいたので、また書いてみようと思う。
彼女の言葉は素直に嬉しかったし、再開するきっかけって本当に些細なことなんだなって実感した。
とはいえ最後の更新から10ヶ月も間が空いているので、上手く文章が書けるかわからないけど、今日はとりあえず私の近況を。

2015年になってすぐ、私はパート仕事を始めた。7年ぶりの社会復帰である。
私が選んだ職種はいわゆる「軽作業および品質検査」というやつで、要は工場でひたすら地味に目と手を動かすお仕事をしている。身内からは散々「貴方に合う仕事は他にあるのではないか」と言われたけれど、とにかく無理のないペースで働きたかったのでそこに決めた。結果、今は精神的な負担もなく、気持ちよく仕事をしている。職場の人間関係も良好だ。

自分の長所を活かした仕事は、今は保留にしておいても私にとっては何の問題もない。
下の子供が小学校へ入学して数年後、家族のライフスタイルが変わった時に、また立ち止まって考えれば良いことだと思っている。年齢的にもまだ焦る必要はないのだ。(…と信じたい)

出産してからのいうもの、産前に私が一生懸命守ってきたプライドや自分らしさが、小さなわが子の前では一切通用しないことを思い知り、私は少しずつ上手に諦めることができるようになってきた。本当に必要なもの以外を手放す勇気を持てるようになったのだ。

気持ちを楽にして日々生活すること。
いらないものを吟味して手放すことで心が軽くなり、余裕が生まれ、家族に対して誠実でいられる。
それが今、私の一番大切にしたいことだ。

ってここまで書いて、これってあの人が少し前にTwitterで呟いてたことと同じじゃんって気付いて笑った。

「うん、でも僕はお母さんがいればだいたいそれでいいんだよ。」

彼女の息子さんはそう仰ったそうです。



あっ、もうすぐ娘が帰ってくるのでこのへんで。
書いては消してを繰り返して、たったこれだけの文章を書くのに1時間以上もかかってしまった。

次は子供のこととか、趣味のことを書きたいなあ。
余裕のあるときに少しずつ更新するつもりなので、また読んでいただけたら嬉しいです。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2014年を振り返って :: 2014/12/29(Mon)

【今年の三大ニュース】
・ 息子の小学校入学と娘の幼稚園入園
・ それに伴い、約6年ぶりに平日おひとりさま時間を満喫
・ 二泊三日の親知らず抜歯入院

2014年を漢字で表すと 「新」 だ。
とにかく私にとって新しいことが目白押しの一年だった。
その中でも一番大きかった出来事はやはり子供の入園入学で、それらの準備と子供らの精神的サポートに全てを注ぎ込んでいた年度末のことは、当時あまりに忙しすぎたせいか、正直よく思い出せない。ブログに書き残しておいて本当に良かったと思う。

ありがたいことに、新しい環境に放り込まれた子供らは今とても楽しそうだ。友達のこと、学校や幼稚園で習ってきたこと、給食の献立など、何気ない日々の出来事を毎日子供から聞くことが、私の楽しみでもあったりする。時々疲れて帰ってきて機嫌の悪い日もあるけれど(特に娘)、もう少し体力がついてきたら夕方の扱いも楽になってくるはずだ。これは時間が解決してくれると確信している。あと少しの辛抱だ。

そして、この一年で親子関係における「自立と依存」のバランスがびっくりするほど安定するようになり、私自身の精神的負担がぐっと軽くなった。兄妹の繋りが深まり、二人で一緒にいる時間が多くなったことで、家の中での私の立ち位置に変化が出てきたことが大きいと思う。(=子供の遊びに強制参加させられることが減った)
時々ケンカもするが、仲裁するために私が怒るのは間違っていると息子に指摘されてからは、なるべく二人のやりとりに口を挟まず見守る(もしくはその場を離れる)ようにしている。まだまだ目は離せないが、このように彼らの意思を尊重して選択を任せられることが増えたのも子供の大きな成長だ。

来年もなるべく穏やかな気持ちを維持しながら、子供と関わっていけたら良いと思う。

あ!あと、ボ育て(ボードゲームで子育て)にとても興味があるので、来年はもっと親子でゲームを楽しむ時間を作りたい。


【今年新しく始めたクラフト類】
・ 痛クッキー作り
・ 消しゴムはんこ
・ レインボールーム

4月以降、日中子供が不在になり一人の時間が増えたことは私にとって大きな変化だった。
子育てに翻弄されていたこの6年間、心のどこかで常に満たされていなかった部分の穴埋めをすべく、ここぞとばかりにアニメや漫画と絡めた創作に没頭することができたので、とても充実した一年にすることができた。
ネットではツイッターでの新しい出会いが多く、いろんな人との繋がりを深められたのも嬉しかった。(要するにオタク色がより一層濃くなったというwww)


【新たに読み始めた漫画】
・ 弱虫ペダル
・ マギ
・ 七つの大罪
・ 四月は君の嘘
・ 放課後カルテ

多くの漫画を読みあさった2013年に比べて、今年は漫画の新規参入がぐっと減ってしまったけれど、とても良い作品に出会えたと思っている。来年はもう少し色々読みたい。いや、漫画に限らず色々と。

【来年読みたいと思っている漫画】
・ 風が強く吹いている 
・ コウノドリ
・ 千年万年りんごの子
・ 海町diary
・ 昭和元禄落語心中
・ 甘々と稲妻
・ ダイヤのA
・ アルスラーン戦記

他にもう一冊、仲良しのフォロワーさんから勧められている漫画があったのだけどタイトル忘れてしまった…メガネ男子が出てくるやつ。なんだっけ? そして、今まで敬遠していたコウノドリを、来年こそ読んでみたいと思う。(他にもオススメあったら教えてください!)


来年は、1月5日からパートで仕事を始める。これは私にとって大きな変化だ。

約7年ぶりの社会復帰というわけで、新年早々期待と不安が入り混じったような気持ちを抱くことになりそうだ。慣れるまでは大変だろけど、とりあえずやってみようと思う。
この7年間で、私は一人で頑張りすぎず、周りの人に甘えることの大切さを痛いほど実感してきたつもりだ。子育てを通じて経験したこと、学んだことは自分の中でちゃんと糧になっていると信じて、次のステップ(=仕事)へと進みたいと思う。

オタク趣味に関しては現状維持で。
今年は、消しゴムはんこという長く続けられそうな趣味を見つけることができた。来年は、隙間時間を見つけて少しずつ消しゴムはんこを楽しめたらいいなと思う。まとまった時間が必要な痛クッキー作りは、あまりできないかもしれないなぁ。ネットでのお付き合いも、今繋がっている人達との交流をもっと深めたい。

2015年に新しく始めることは仕事だけで十分なので、それ以外のことは今の状態を保てたらそれでいい。そのための準備期間が2014年だったのだ。そのつもりで私は今年一年やってきた。その結果、いろんなことを吸収し、十分に堪能できたと思う。

助走はバッチリだ。さあいつでも来やがれ2015年!!
来年も良い年にしてやるぜ!!


* * *

今年も一年、ブログを読んでくださってありがとうございました。

最近は子育て以外に夢中になれることが増えて、更新が頻繁ではなくなりましたが、来年も家族のことや自分のことについてぼちぼち綴っていけたらいいなと思います。
気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。

それではみなさん良いお年を!
来年も変わらずよろしくお願いいたします!!





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
ブログもいいなあ :: 2014/11/07(Fri)

最近メインで閲覧・投稿しているのがツイッターなので、ブログで繋がっている方々の近況をチェックすることを暫く怠っていた私。
リンクの整理を兼ねて久しぶりに色々なブログを覗いたらとても楽しかった。
(すみません、一年以上ブログの更新をしていない方はリンクを外させてもらいました)

ブログにはブログの良さがある。140字では伝えきれない思いとか風景とか。
ネットの世界は入れ替わりが早くて、少しでも間が空いてしまうと取り残されてしまう部分があるけれど、それでもふと立ち戻ってみて、そこの分野で今もなおちゃんと自分らしさを発信している人がいることがわかるととても安心する。

先日、シャンパンブランチ会で少しホームページの話題が出て、掲示板やジオシティーズの存在がとても懐かしく愛おしかった。SNSがネットコミュニケーションの主流となっている今でもちゃんとあるんだ。
私ももう一度サイト作ってみようかなーと一瞬考えたけれど、やはりブログやSNSの気軽さにはかなわないし、第一ホームページに何を載せたらいいか今は思い浮かばない。そうしている間にも、世間では次々と新しいWEBツールやアプリが開発されて、人は機能がより充実している方へ流れていく。でも、これがネットの世界だって認識しているし、私自身も今の状態(ツイッターとブログをメインで使用するスタイル)がずっと続くとも限らない。

それでも、WEB上で出会った人達とはこれからも繋がり続けていられたらいいなと思うし、実際WEBメインの交流で15年以上仲良くしている友達もいるわけだから、その時々の流行と人間関係は必ずしも影響しあうわけじゃないと信じている。

そんなわけで、みんな!これからもよろしくな!!



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
シャンブラランチ会 :: 2014/11/05(Wed)

ホームページ時代のお友達とトントン拍子で決まったランチ会へ。

こんなにワクワクするお出かけは本当に久しぶり。
シャンパンブランチは、micaの結婚式以来なので4年ぶりだ。
仲が良かった友達と通い慣れた場所があまりにも懐かしくて、お店に入った瞬間泣いてしまいそうだった。変わらない空気に心が温かくなる。料理もあの頃のままで(いや更に美味しくなっていた気がする)、本当に夢のような時間だった。

出産してからは毎日子育てに追われていて、こんな風に独身時代によく遊んでいた友達と会えるのは、もっとずっと先のことだと思っていたのに、思ったよりも早く実現できたことがとても嬉しかった。

帰り道、高速道路から見えた大きな虹がとても綺麗だった。
…また会いたいな。

帰宅後は、娘から幼稚園でのお当番仕事を一生懸命頑張った話を聞いたり、息子の逆上がりが初めて成功したり、夏からずっと帰りが遅かった旦那さんが珍しく早く帰ってきたり。
専業主婦にも毎日そこそこやるべき仕事はあるわけで、忙しかったり失敗したりイライラしたりする時もあるけれど、宝物にしたくなるような時間もちゃんと存在するのだ。だから、今しかできないことを大切にして、きちんとタイミングを見計らってから次の段階へ進みたいと思う。

昔から変わらず好きだと思えるものに触れたり、オタクでモエモエしたり、無心になって何かを作ったり、お母さんやってたり、自分にとって大切な居場所がたくさんあるということは本当に幸福なことだ。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ